apr のすべての投稿

解体費用を出来るだけ安く抑える方法

解体工事の費用は地域や業者によって違いがあり、どの業者に依頼するかによって最終的な費用が大きく違ってきます。

解体工事は、ただ安く解体してもらえたらいいというのではなく、法律に則した業者に依頼しなければ、施工主自身も罰せられることもありますので、注意が必要です。

サービスやサポートがしっかりしている業者を選ぶのは当然ですが、依頼する側が一番気になる点は費用だと思います。

費用を少しでも安くするためには、自社施工をしている業者に依頼するのが一番です。

自社施工をしていない業者の場合は、いくつかの中間業者が発生してしまうので、その分、費用が割高になってしまいます。

業者側からすれば、これは当然のことなのですが、依頼する側からすると同じサービスなら安いほうがいいに決まっていますよね。

自社施工している業者に依頼すれば、中間業者が発生しないので、費用を安く抑えることが出来ます。

見積やお問い合わせの際には、その業者が自社施工なのか、外部の業者が施工をするのか、確認してみることをおすすめします。

解体工事 単価

リフォームの種類

最近、住宅のリフォームを検討しており、リフォームについて調べてみました。

一口にリフォームといっても、いろんな場所のリフォームがあります。

主なものは以下のとおりです。

  • 住宅設備のリフォーム(キッチン、トイレ、洗面、お風呂など)
  • 外壁、屋根のリフォーム
  • 床、クロスのリフォーム

その他には、住宅の面積を増やす増築や、オール電化、省エネ対応、耐震増強、バリアフリー化などもあります。

特にキッチン、トイレ、お風呂などの水回りの取替、補修リフォームはニーズが高いんだろうと思います。

私の場合も、まず、古くなってきたトイレ、お風呂のリフォームはかかせないと思っており、やはり、他のリフォームに比べると優先順が高いです。

予算を考えなければ、オール電化、耐震、外壁なんかも興味あるのですが(・・;)

全て同時にということは無理なので、まずは、水回りのリフォームについて価格を調べて予算の決定、業者の選定などの準備をしていきたいと思います。

リフォーム事例

リフォームについて、少し知識がついてきたら、またまとめようと思います。

失敗しない解体業者の選び方

一般的に、住宅やビルの解体をする時は、専門の業者に依頼することになるのですが、どのような業者を選べば安心なのか、どのような業者は危険なのか。。。知識がないと全然検討がつきませんよね。

そんな時に注意すべきポイントをメモしておきます。

まず、全国展開している解体業者はオススメしません。
そのような業者は、仕事をとってきては、該当する地域の下請けに流すという場合が多いので、中間業者が発生して解体費用も高くなり、さらに、仲介するだけですので、施工主と、実際に施工する業者との意思疎通の面においても、トラブルが発生しやすいです。

解体工事 費用

解体業者選びで失敗しないためには、以下のポイントに注意して選んでみてください。

①地域の業者

まずは、物理的に近くの業者の方がメリットが多いです。相談もすぐにできるし、意思疎通も問題が出ることは少ないです。

②法人の業者

法人業者の場合は不法投棄が発覚しすると罰金1~3億円なので、不法投棄の心配がありません。不法投棄は施工主にも罰則がありますので、要注意です。

③工事完了後のマニフェスト発行

マニフェスト制度とは、解体工事などで排出される産業廃棄物が、排出業者から最後の処理業者まできちんと処理されているか、処理の流れを確認する制度のことで、適切に処理されていることの証明です。

請負業者賠償責任保険及び労働災害保険の加入

万が一の時の備えですが、施工中に隣家に傷をつけてしまったり壊してしまった場合の保険です。
こういう備えがないと、いざというときに、施工主に責任が押し付けられるリスクがあります。

建設業許可及び産業廃棄物収集運搬業の許可業者

解体業をするために必要な認可です。これがないと無許可業者ということになり、依頼した施工主にも法律により罰則があたえられます。