失敗しない解体業者の選び方

一般的に、住宅やビルの解体をする時は、専門の業者に依頼することになるのですが、どのような業者を選べば安心なのか、どのような業者は危険なのか。。。知識がないと全然検討がつきませんよね。

そんな時に注意すべきポイントをメモしておきます。

まず、全国展開している解体業者はオススメしません。
そのような業者は、仕事をとってきては、該当する地域の下請けに流すという場合が多いので、中間業者が発生して解体費用も高くなり、さらに、仲介するだけですので、施工主と、実際に施工する業者との意思疎通の面においても、トラブルが発生しやすいです。

解体工事 費用

解体業者選びで失敗しないためには、以下のポイントに注意して選んでみてください。

①地域の業者

まずは、物理的に近くの業者の方がメリットが多いです。相談もすぐにできるし、意思疎通も問題が出ることは少ないです。

②法人の業者

法人業者の場合は不法投棄が発覚しすると罰金1~3億円なので、不法投棄の心配がありません。不法投棄は施工主にも罰則がありますので、要注意です。

③工事完了後のマニフェスト発行

マニフェスト制度とは、解体工事などで排出される産業廃棄物が、排出業者から最後の処理業者まできちんと処理されているか、処理の流れを確認する制度のことで、適切に処理されていることの証明です。

請負業者賠償責任保険及び労働災害保険の加入

万が一の時の備えですが、施工中に隣家に傷をつけてしまったり壊してしまった場合の保険です。
こういう備えがないと、いざというときに、施工主に責任が押し付けられるリスクがあります。

建設業許可及び産業廃棄物収集運搬業の許可業者

解体業をするために必要な認可です。これがないと無許可業者ということになり、依頼した施工主にも法律により罰則があたえられます。